吉良の赤馬牧場のブログ
愛知県西尾市鳥羽町にある”吉良の赤馬牧場”、木曽馬3頭の小さな牧場です。
プロフィール

赤馬牧場

Author:赤馬牧場
”吉良の赤馬牧場”のオーナーとスタッフによるブログ。

牧場には木曽馬が3頭、小さな馬場、モンゴルの移動式住居のゲルがあります。

小さなお子様から大人まで楽しめる牧場です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016.03.17_21:26
40歳頃から、人生を5つに分けて考えるようになりました。

私が考えたのではなく、本の中に書かれていた事が参考になりました。

本の題名も著者も思いだせません。



私の人生ステージは、第5ステージまでと考えました。


第1ステージは、生まれてから就職するまでの期間。

第2ステージは、就職してから退職するまでの期間。

第3ステージは、退職してから体力のある期間。

第4ステージは、体力がなくなってからの期間。

第5ステージは、寝たきりになってからの期間。




第1、第2ステージは、退学もなく、解雇もなく曲がりなりにも終了しました。



第3ステージの吉良の赤馬牧場事業も終わってしまいました。


F1000478_convert_20160312220956.jpg
第3ステージの中で、好きな写真の1枚です。

偶然にもうまく撮れたと、自分自身感心しております。



春嶽が茨城に旅立った日が、第3ステージの終了日です。

願わくば、10周年記念赤馬まつりをパーッと開催して終わろうと考えていたのですが、

数年早く終わることになってしまいました。

計算違いは、あるものだ。 仕方がないか・・・・。



ただ、第5ステージだけは計算通りに進めなくてはいけない。

第5ステージは1ヶ月間と決めています。

家族には迷惑な話だが、これぐらいは許してもらおう。




今まさに、小さな小さな夢を見ている、これからの第4ステージです。

5年なのか?15年なのか?30年なのか?

期間の問題ではなく、何がやりたいかです。

やりたいこと色々あります。

新たにブログを立ち上げるつもりです。

そのブログのタイトルが、決まらず困っています。

これも決断力の低下でしょうか?



ただ、最近物忘れが多くなり、認知症の心配有りで、認知症になった場合は第4ステージか第5ステージか? 

私の人生ステージの中にはなかった事柄で、人生は悩ましいです。



習性でしょうか?、年度末をこのブログの最後にするつもりです。




スポンサーサイト

定年退職後始めた、吉良の赤馬牧場も大きな事故もなく

終えられたことは幸せなことであったと思います。




馬を飼いたいと思うようになって、どれくらい経つのかな~~~。





以下全ての日数は、最後の木曽馬「春嶽」が茨城に旅立った日までの日数です。

(日数はカウントダウンソフトの逆利用で求めました。)



生まれて初めて馬に乗った日(1965/8/15 北海道の計根別の牧場)から、18,430日

木曽馬に初めて乗った日(1996/4/1 開田高原 木曽馬トレッキングセンター)から、7,223日

木曽馬が吉良の赤馬牧場に来た日(2009/1/25)から、2,561日





DSCF2227_convert_20160312221622.jpg
2009年1月25日初めて菊姫が、吉良の赤馬牧場の地を踏む直前です。




馬に初めて乗った頃から、将来馬を飼いたいと思うようになり、それから18,430日。

馬を飼いたいと夢を追い続けた半世紀、長かったようですが、短かくも感じました。



でも・・・、すべて、終わりました。




2016.03.02_16:59
春嶽が茨城に旅立ってから1ヶ月が過ぎました。

春嶽がいなくなってから数日は、入り口のゲートを開けると、

「春嶽がいない。脱柵したか。」と思い、ヒヤッとしました。

春嶽はいないと自分自身で納得できるのに、何秒かの時間がかかりました。

馬がいないのだと自分自身納得できるようになるまでに、

1週間ほどかかりました。


F1000238_convert_20160309171021.jpg
どこを見ても馬はいません。 これが現実なんです。




F1000241_convert_20160309171041.jpg
入り口の看板と赤馬君です。

全ての看板は外しましたが、この看板だけそのままになっています。

友人が彫刻刀で彫って丁寧に仕上げてくれた看板です。



馬のいない赤馬牧場・・・・まっ いいか。



3月に入っても2件の予約の電話を頂きました。

「孫が東京から来るので4月2日にお願いしたい。」などと、 

「スミマセン。」とお断りするのは申し訳なく、また、さみしさもあります。





2016.01.30_23:08
赤馬牧場最後の馬、春嶽が今日茨城に旅立ちました。

本当なら、昨年の11月中下旬に茨城に行く予定でしたが、

さよなら会のために、12月20日以降にお願いし、

先方の馬運車の都合もあり、今日になりました。


ここ2~3日天候の都合で、引き馬トレーニングも馬場以外のところへの放馬も、

行っていなかったため、体力が余っていたために、

馬場内を走り回ったり、雨上がりの水たまりで砂遊びをしたために、

きれいにブラシをかけていたのに、無惨な姿になりました。


こんな姿で送り出すの気が引けましたが、馬運車は来ています。


先回の菊姫と同じで、馬運車に乗るのを警戒して嫌がりました。


F1000213_convert_20160202172421.jpg
春嶽は、「何か、今日はおかしいな。」と感じていたようです。




F1000214_convert_20160202172440.jpg
目の前の馬運車を見て、春嶽の足が重くなりました。




F1000215_convert_20160202172504.jpg
引っ張っても、なだめても動こうとしませんでした。




F1000216_convert_20160202172525.jpg
もう一歩なのに、ダメでです。




F1000217_convert_20160202172537.jpg
作戦を変え、一歩一歩乗せることに、踏ん張っているので、重くて上がりません。

重くて、重くて泣きたくなりました。




私は前足を馬運車に乗せる役です。

コーネンさんは、馬運車の中で手綱を引っ張ってもらい、

馬運車の運転手も手綱を引っ張ってもらっていました。


どうしても動きません。


これ以降の写真がないのは、写真担当の裕子さんも、お尻を押す役目に、

見送りに来てくれていた、とみ子さんにもお尻を押してもらうこと。



それでも、警戒して乗ろうとしません。


茨城から来ていただいた馬運車を空で返すわけにはいきません。

もう、みんな必死です。



無我夢中で、重い馬の前足、後ろ足と一歩一歩乗せていきました。

乗ってくれたときには、クタクタで倒れそうでした。


馬運車が到着してから、1時間30分、本当に長い1時間30分でした。

馬運車を見送りしたら、全身の力が抜け廃人のようでした。


今、ブログを書いているときに、肩の関節がずれたような痛みを感じています。

春嶽の置きみやげでしょうか・・・・・・。


大変だったとの思いがほとんどで、今は寂しいとかという感じは、

まだ、沸いてきません。


11時少し前、Aさんから「午後10時に馬が着きました。少し興奮しているようです。」との

電話があり、「よかった。」と安心しました。

長い1日も終わりました。




2016.01.22_20:36
今日は快晴、2日前の雪降りとは違い、暖かい日になりました。

3日ぶりの朝トレーニングです。

乗ることができないので、引き馬です。





F1000194_convert_20160123195831.jpg
春嶽は愛おしくなるほどの従順ぶりです。


いつもより多めに歩きました。



F1000199_convert_20160123195851.jpg
朝トレのあとは、のんびりと日向ぼっこです。


春嶽は、いつ茨城に行くかは、まだ未定ですが、近々の予定です。

先方の馬運車の都合次第と言うことになっています。




2016.01.20_20:23
朝、ゲルの戸を開くと外は白一色の世界でした。



F1000191_convert_20160123195734.jpg
ゲルの中からの景色です。まるで絵画を見ているようでした。




F1000182_convert_20160123195810.jpg
春嶽は白い鎧を着ていました。

写真を撮ろうとして、声をかけるとエサ場に移動して、白い鎧が落ちてしまいました。

背中は4cmの積雪でした。

春嶽はいつもより、目が輝いていました。故郷開田高原を思い出していたのだろうか?




F1000189_convert_20160123195753.jpg
ゲルや、ゲルの前のナンジャモンジャの木も雪化粧です。


今日の積雪は5cmでした。

夕方には、日陰の一部に雪が残るだけになってしまいました。





2016.01.16_19:44
今日、牧場最後のイベントを開催しました。

7年間スタッフとして活躍していただいた方、イベントや牧場運営に

協力をいただいた方などで、感謝の会を開きました。

心配していた天気も、快晴、風もない1日になりました。


残念だったのは、今日が出勤日の人、面うち作業の方、台湾で友達の結婚式出席などで

来ていただけない方がみえました。


F1000162_convert_20160123195528.jpg
7年間の協力いただいたことに感謝の言葉を述べさせていただきました。



F1000172_convert_20160123195612.jpg
温かい日差しの中で、会がスタートしました。




F1000173_convert_20160123195652.jpg
BBQも楽しんでいただきました。




F1000170_convert_20160123195550.jpg
寄せ鍋とキムチ鍋も楽しんでいただきました。




F1000181_convert_20160123195706.jpg
最後に、全員で記念写真です。しかし、数名の方が写っていませんが・・・・。



2時間余でしたが、あっという間に時間は過ぎてしまいました。

本当にみなさんのおかげでした。感謝 ・ 感謝。


ありがとうございました。





2016.01.01_20:06
明けましておめでとうございます。


春嶽1頭だけで迎えた新年です。



F1000152_convert_20160102195236.jpg

朝7時、お屠蘇、おせち、雑煮の代わりに、ニンジン10本のご馳走です。




F1000154_convert_20160102195251.jpg
牧場の初日の出は、9時9分でした。

里では7時に日の出で、2時間遅れの初日の出でした。

今年も、春嶽、既に軽井沢に行った岳桜、菊姫、3頭の馬の幸せをお願いいたしました。






2015.12.31_23:06
昨夜は、フクロウに会えて嬉しい夜でした。


今日から正月3日までは、春嶽の引き馬トレーニングはしません。




F1000151_convert_20151231143238.jpg
それを知ってかどうか分かりませんが、朝7時春嶽ものんびりしていました。



このブログの2015年のアクセス数は、今日の午後10時35分現在で

9,869回です。(ここ2~3年は低迷していて1万回前後です。)

2009年の9月からのアクセス数は、147,606回になります。

2009年3月から8月までの、ブログが消えているので、

15万回以上はあるのではないかと思います。

見ていただいている、みなさん本当にありがとうございます。





9月に目の異常を感じ、10月に廃業を決めて、

12月19日(土)20日(日)にさよなら会を開催、慌ただしい後半になりました。



7年間大きな事故もなく、営業が終了できたことは本当に良かったと思っています。

多くの方に馬に乗っていただき、私自身すばらしい日々を送ることができました。



みなさん本当にありがとうございました。

よい、年をお迎えください。




2015.12.31_15:05
1頭で正月を迎える春嶽のために、30日エサ場にしめ縄を飾りました。



F1000146_convert_20151231143149.jpg
馬小屋にしめ縄、あまり聞いたことないけど、まっいいか。




F1000145_convert_20151231143133.jpg
春嶽も満足のようです。



夕方、常連さんの松山君とちえちゃんが「年末の挨拶に来ました。」と訪ねてくれました。

私にかと思いきや、春嶽に年末のあいさつをしっかりしていました。



F1000148_convert_20151231143205.jpg
春嶽をなで回していました。

春嶽もまんざらでも、なさそうです。





夜11時15分、牧場の入り口に着きました。

ヘッドライトの先の、フェンスの上にフクロウが留まっています。

ワーッ、牧場にフクロウが居たんだ。7年間で始めてのことです。

まだ、自然が残っているのだ。


F1000149_convert_20151231143221.jpg
正面中央がフクロウです。画像を見たらピンぼけで、

もう一度シャッターを押そうとしたら、飛び立ってしまいました。

このピンぼけ写真がなかったら、誰も信用してもらえないかも・・・・。






ネットで調べてみました、フクロウは間違いないですが、

何フクロウかは分かりませんが、体長は15~20cm程でした。



フクロウの居る牧場か、いいな~~~~~。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。