FC2ブログ
吉良の赤馬牧場のブログ
愛知県西尾市鳥羽町にある”吉良の赤馬牧場”、木曽馬3頭の小さな牧場です。
プロフィール

赤馬牧場

Author:赤馬牧場
”吉良の赤馬牧場”のオーナーとスタッフによるブログ。

牧場には木曽馬が3頭、小さな馬場、モンゴルの移動式住居のゲルがあります。

小さなお子様から大人まで楽しめる牧場です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

今年の1月25日牧場に木曽馬3頭が来ました。

4月29日吉良の赤馬牧場をオープンし、8ヶ月が過ぎました。

多くの方々に、牧場に足を運んでいただき本当に有り難うございました。


木曽馬3頭のお陰で、多くの方々との出会いがありました。

私をはじめ、スタッフ一同とても感謝しています。


ブログを4月2日にスタッフの聖子さんに立ち上げてもらい、

牧場の様子を伝えてきました。

12月31日現在で34,162アクセスがありました。

多くの方々に見ていただいたと思うと嬉しく思います。


この1年本当に有り難うございました。

小さな小さな手作り牧場ですが、

来年も楽しく夢のある牧場を目指していきたいと思います。

来年もよろしくお願いいたします。

良いお年をお迎え下さい。


スポンサーサイト

昨日から今日1日、強い風が吹きました。

地形が盆地のようなので、あらゆる方向から風が吹くようです。


ステンレスの流しが5mも飛ばされました。


ゲルの天幕(天井にある四角い布)も飛ばされてしまいました。


牧場内にあるニホンミツバチの巣箱もすべて飛ばされ、

箱が一部壊れてしまいました。


暗くなりかけた牧場で、

寒さで指の先が痛くなるのをこらえながら、ゲルなど応急措置をしました。

大晦日というのに、トホホ・・。



コナラなどの最後の落ち葉は、ブルーインパレスのようでした。

葉は樹木から離れれると、急降下に地面近くまでくるや、

すぐ急上昇する。見事なまでの演技です。

数十枚いや、数百枚が一緒に動くのです。

落ち葉が生きているか、誰かに操られているようです。

見事としか言いようがありませんでした。


ビニールハウスはバタバタ音を上げていました。

夕方まで、何とか持ちこたえた感じです。


強い風は心配のタネですね。




2009.12.25_22:15
牧場の前の道がきれいになりました。

幡豆町シルバー人材センターの方々が、

道路の整備をされました。

枯れ草を苅ったり、落ち葉をかたづけたり

枝を落としたり

いままでの道の幅が、倍ぐらいになった感じがしました。

道路 上

牧場入り口から、北を見た様子です。



douro.jpg

入り口から、南を見た様子です。


シルバー人材センターのみなさんご苦労様でした。




今回は、碧南市に住む日向(ひなた)くん。

保育園の年中組です。

元気な子で、引き馬で歩き始める時に、

レッスンを受けているお母さんの真似をして、

常歩(なみあし)と言って足でポンとお腹をけります。


日向




日向くんには、双子の弟がいます。

とてもかわいい双子さんです。

日向くんは、レッスンを受けるお母さんと、

いつも一緒に来てくれます。


日向 お母さんと



お母さんの後を引き馬でついていきます。


お母さんは、速歩ができ、今日は裸馬に挑戦しました。

難しいと思われた裸馬に乗れて、すごく感動して見えました。








今朝、9時30分頃バーン、バーンと猟銃の音がしました。

上池(牧場のすぐ上の池)に狩猟者が2人、カモ撃ちに来ました。

馬も、耳をそばだて神経ピリピリの状態でした。

先日牧場を訪問して、カモ撃ちは自粛をすると言ってくれた猟友会の人ではなかったです。

打たれたカモ2羽が池の堤防の上に置いてありました。

抗議しましたが、わかってもらえるような人ではなかったです。

鳥羽に、カモが来る自然豊かな池があるのに、

鳥羽の人によって、こんな形で、カモがいなくなる池になるなんて、

とても情けなく、寂しいことです。

その後も、3回ほどバーン、バーン。

禁猟区ではないので、仕方がないことでしょうか?


2009.12.21_15:50
こんにちは。


最近私たち牧場スタッフが奮闘中の

裸馬(はだかうま)乗馬の様子をお伝えします。


通常、乗馬の時には、馬に鞍(くら)をつけてから

私たちがそこにまたがります。

裸馬乗馬とは、鞍なしで馬の背中に直接乗ります。

こんな感じです ↓

F1000553_convert_20091221150713.jpg


鞍があると、足が踏ん張れるし、安定感があります。

裸馬は、足が宙ぶらりんになるので、意識してバランスを自分でとります。

これって、とっても効果的なエクササイズのようです!



乗馬上級者で、赤馬牧場でも裸馬に乗られている方もみえます。

(看板やチラシには裸馬レッスンのことは書いてありませんが、

裏メニューのようなものではありません。普通にやっています。)

F1000548_convert_20091221153630.jpg


私は昨日が初めてでした。

乗った感想は…


・馬の体温は人間よりちょっと高めです。なので、またがっていると
 
 腿やふくらはぎがほんのり暖かくなります。

 この温もりって、何か覚えがある…。

 そう、まるでホットカーペットを内ももに挟んでいるみたい!
 
 (挟んだことないけど)


・馬に直接乗っているので、揺れもダイレクトに伝わってきます。

 鞍をつけている時より、馬の体の揺れに自分も合わせることが

 しやすいように思います。


・このダイレクトな揺れもどこか覚えが…。

 そう、友達の家で乗ったジョーバ(エクササイズマシン)!

 もちろん、風を感じられる裸馬乗馬のほうが気持ちいいです。



まだ常足(なみあし、ゆっくり歩くこと)だけしかやっていませんが、

なんだか、上達したような気分でした。


来年の小さめの目標として、裸馬で速歩(はやあし、軽く走ること)が

できるようになりたいと思います!



乗馬で速歩ができる方なら、裸馬乗馬が可能です。

興味を持たれた方は、是非チャレンジしてみてください!



スタッフ : 聖子





今朝の牧場は冷え込みました。

最低外気温は。?3℃この冬初めての氷が張りました。

午前11時まで溶けませんでした。

ゲルの中は、朝6時は3℃でした。

昨夜、ゲルの中に石油ファンヒーターを持ち込んでいたので、

6時30分起床時は、18℃で快適でした。

ゲルから一歩出ると、そこは氷点下の世界でした。

「さむ? 」でした。

明日は雪かも?


今日の寒さを予感したのか、馬たちは元気です。

元気すぎです。

昨日の夕方、馬場と円馬場を解放しました。

円馬場では、飛び跳ねるや3頭でじゃれ合い、

その次は、3頭で馬場と円馬場の間を

駈足で競争です。迫力満点です。

ここへ来て、10ヶ月こんなに早く走っている姿は

はじめてです。

怖くなるくらいです。

写真を撮ることも忘れ、見とれていました。

木曽馬ってすごい。

こんな姿を見たら、怖くて乗る人が

いなくなってしまうのではと思うほどでした。

そのすごさは、今日の朝わかりました。

円馬場に入るところが、直角に曲がっているのですが、

曲がり角の硬い地面が、5cmぐらいの深さで削られていました。


今日はいつもの、やさしい木曽馬に戻っていました。




2009.12.14_21:12
吉良の赤馬 販売中

生きた馬を売り出したの?

いいえ。吉良の赤馬の玩具を

携帯電話のストラップにしたものです。

これは、吉良温泉観光組合が作成したもので、

吉良の赤馬牧場でも、販売しています。

一個400円です。

akauma.jpg

ストラップの赤馬は体高1.8cmほどで、とてもかわいいです。

「吉」「良」の文字は縁起がよいし、

馬は運気上昇、赤は魔除けになると言われています。


最初に買っていただいたのは、

大阪から、わざわざ赤馬牧場を

訪ねていただいた穏やかなご夫婦でした。

ありがとうございました。


なお、今日12月14日は

吉良の殿様(吉良上野介義央公)の命日でもあります。

合掌。

元禄15(1702)年の赤穂浪士の討ち入りで最期を

遂げられました。

もう一度合掌。




その1

牧場近くにある備前焼の玄楼窯さん。

半地下式の穴窯には、12月9日から火が入れられています。

1週間1200℃を保つために、4名の方が交代で5分おきに

薪(松材)を投入して見えます。

窯の中には、500点もの作品が入っているそうです。

今月23日が窯出しになる予定だそうです。


窯全景

半地下式の穴窯です。



薪入れ

焼け具合を点検するための、作品を出しているところです。


煙突の炎

5m程の煙突から、1mぐらいの炎が上がっていました。



seiko.jpg

穴窯の前で、陶芸家の深谷さんの作品でお抹茶を頂く、

赤馬牧場のスタッフです。



ギャラリー

玄楼窯さんの作品を展示しているギャラリーです。

ほしくなるような作品ばかりです。

一度、覗いてみてはいかがでしょうか?




その2

鳥羽地区はイチゴ生産の盛んなところです。

開花を早くするために、今の時期はどのハウスも電気がともされ、

電照栽培がされています。



イチゴ

まさしく不夜城です。



この時期は窯の炎とイチゴの不夜城、鳥羽地区は良いところです。

一度足を伸ばしてみてください。










2009.12.09_21:09
外乗をはじめて3週間になろうとしています。

? 外乗にバギー車が初出動しました。

バギー初出動

初めての外乗出発です。



ばぎー 2

軽トラに比べて、小回りがきいてなかなか良いです。



? 外乗中、はるちゃんがバギー車の音に

  敏感でピリピリしていましたので

  馬場でバギー車を走らせて音に慣らしています。

バギー馬訓練


ばぎー訓練 b2


? 少しずつですが、外乗のお客さんが来て頂けるようになりました。

  予約も入るようになりました。



? 里山コース(遠くに海の見えるコース)をはじめました。

  詳しくは、後日紹介します。