吉良の赤馬牧場のブログ
愛知県西尾市鳥羽町にある”吉良の赤馬牧場”、木曽馬3頭の小さな牧場です。
プロフィール

赤馬牧場

Author:赤馬牧場
”吉良の赤馬牧場”のオーナーとスタッフによるブログ。

牧場には木曽馬が3頭、小さな馬場、モンゴルの移動式住居のゲルがあります。

小さなお子様から大人まで楽しめる牧場です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.11.21_21:35
秋晴れの芋煮日和に恵まれた20日(土)21日(日)、

はじめてのため手探りの状態で芋煮会を開催しました。

食品営業許可証が頂けたのも、直前の18日でした。

20日の土曜日は、パラパラのお客様でしたが、

中には、朝10時から午後4時頃まで、

牧場で寛いでいただいた方々も見えました。

F1000075_convert_20101121210314.jpg


F1000079_convert_20101121210343.jpg




21日の日曜日は期待をしていましたが、

午前中はパラパラで、芋煮担当のスタッフの裕子さんは

「これでは、準備した芋煮の半分が残ってしまう。」と心配していました。

(頭によぎったものは、これから2.3日我が家では芋煮ばかりか・・・・)



F1000077_convert_20101121210428.jpg



昼過ぎから、お子様連れのご家族が増えだし、準備した芋煮は完売できました。

(良かった。いくら美味しくても毎日芋煮では辛いもんな・・・・)

お陰で、乗馬も午後4時30分まで営業させていただきました。


F1000084_convert_20101121210454.jpg


F1000089_convert_20101121210522.jpg



お客様から、芋煮を「うまい。」「おいしいね。」と

言っていただきました。



来ていただいた皆様。本当にありがとうございました。



まあ? 無事に終わりよかったです。


小さなイベントでしたが本当のところ、疲れました。



スポンサーサイト

朝の馬たちは、昨日の狩猟の発砲以来落ち着きがありませんが、

朝のエサはいつものように食べてくれました。

昨夜は、脱柵(柵を壊して、逃げ出すこと)があり、円馬場に馬がいてビックリしました。

きっと、興奮をしていたのでしょう。

馬に心配させているなー。


馬にトレーニングで乗りましたが、いつものようには動いてくれませんでした。

午後には、馬たちもだいぶ落ち着いてきたようです。

少し安心しました。



鴨ですが、

近づくとシユーシューと威嚇するぐらいまで元気になったので、

放すことにしました。


kamo4.jpg

午後3時5分、元気に飛び立っていきました。

大変です。飛び立った先は、上池方面です。

慌てて、上池まで見に行きましたが、

水面には、鴨の姿はありませんでした。

ガーコ(鴨につけた名前)、2度と撃たれるなよ。

仲間のところへ早く帰るように祈らずにはいられませんでした。




午後4時頃、最後のお客さんが帰る前に、

牧場すぐ上の「上池」で、狩猟が始まりました。

パパーン、パパーン十数発発砲されたました。

1羽の鴨が頭上高く、逃げてきました。

その鴨が、帰ろうとしたお客さんの前へ、

バタンと落ちてきました。

私が捕まえると、ビクともしません。

身体全体を散弾があたってないか、確かめましたがあたっていないようです。

動こうとしませんが、生きています。

保護することにしました。


kamo.jpg

保護したのは、カルガモのようです。

雄か雌かは、よくわかりませんでした。



kamo2.jpg

このような状況で、水とパンを与え1夜を過ごさせることにしました。



この後が大変でした。

また、パパーンと2発、馬がビックリして走り出し、

夜のエサを食べなくなってしまいました。

しばらく、耳を「上池」の方に向け警戒しているようでした。



50mも離れていないところに人がいるし、

動物を飼っている近くでの狩猟は自粛してもらいたいものです。

馬は臆病な動物です。



実情を町役場に連絡しました。


昨年も同じようなことがありました。

何とかしてほしいです。



2010.11.14_23:06
「なぜ、赤馬牧場で芋煮会?」そんな声を聞きました。



吉良の赤馬牧場の名前は、吉良の殿様 吉良上野介義央(きらこうずけのすけよしひさ)公の

赤馬伝説と、牧場のある幡豆町鳥羽も吉良家の領地であったことから頂いているものです。




義央公の妻(富子)は、現在の山形県、米沢藩の上杉家の娘でした。

義央公の息子綱憲は、跡継ぎのいなかった上杉家に養子に入りました。

その後、義央公は跡継ぎを失い、上杉綱憲の息子(義央公の実の孫)を養子に迎えました。

後の義周(よしちか)公です。


吉良家と米沢は深い関係にあります。

米沢・山形と言えば、芋煮会です、



そんな理由もあり、11月20日(土)、21日(日)に芋煮会を開催します。



歴史を感じながら、温かい芋煮を味わってください。


なお、芋煮の中に入っている里芋、ごぼう、ネギなどは

赤馬牧場の馬糞で育てた美味しい野菜です。


p_top1_convert_20101114225451.jpg

  写真はイメージです。




天候を心配しながらの吉良町スポーツ講座「はじめての乗馬」月曜日コースは無事修了しました。

最後には、速歩(はやあし)で、馬場を回ることが出来、

みなさん喜んでいただけたものと、思っています。



F1000046_convert_20101114215303.jpg

最後の説明になります。




受講者のみなさんが真剣に乗っている姿です。

F1000052_convert_20101114215336.jpg


F1000056_convert_20101114215405.jpg


F1000057_convert_20101114215427.jpg


F1000058_convert_20101114215452.jpg


F1000059_convert_20101114215520.jpg

受講者のみなさんご苦労さまでした。



あと、十数回(十数鞍)乗って頂ければ、馬に乗れるという自信が出来ます。

生活のほんの一部に、馬とのふれあいを入れていただければ、うれしいです。







2010.11.06_22:14
今日は抜けるような青空で乗馬日和、ウォーキング日和でした。

珍しいお客さんがみえました。

第7回穴弘法ウォーキングで見えた30名近い人たちです。


吉良の赤馬牧場に、9時10分頃に到着、

その後、熱心に40分ほど馬の話を聴いていただきました。



F1000039_convert_20101106213350.jpg

木曽馬は1頭の雄「神明号」から、やっと全国で150頭にまでに

なった話をしました。



F1000041_convert_20101106213421.jpg

みなさんがおやつをたくさんやってくれました。

馬たちは、思いもかけぬごちそうに大喜びでした。



F1000042_convert_20101106213443.jpg

昔の人が、足に目があると勘違いした夜目に触ってもらいました。

本当は人差し指の痕跡です。



F1000044_convert_20101106213507.jpg


円馬場の中にまで入っていただき、熱心に馬を見ていただきました。




1人でも多くの方に、馬のこと、木曽馬のことを知っていただくことは、

本当にうれしいことです。




穴弘法ウォーキング参加のみなさんありがとうございました。





2010.11.02_23:23
スポーツの秋、食欲の秋です。

両方の秋を満喫する赤馬牧場芋煮会を行います。


ご家族や、お友達と遊びに来てください。


芋煮会


たけちゃん、きくちゃん、はるちゃんも待っています。





今年も吉良町スポーツ講座を2回開催します。

1回目は月曜日コースとして、10月25日、11月1日、11月8日の3日間です。

2回目は金曜日コースで、11月19日、11月26日、12月3日の3日間です。



今日は月曜日コースのの2日目で、常歩(なみあし)と速歩(はやあし)の練習です。

速歩は、みなさん真剣に挑戦してもらいました。


説明

鞍付け前の説明



鞍付け

鞍付けです。



これから乗馬です。参加者の勇姿をご覧ください。

21.jpg

22.jpg

23

26.jpg

29.jpg

30.jpg

馬への指示が伝わらず悪戦苦闘しました。


1週間後の3日目は、速歩で馬場を楽しく回れたら素晴らしいですね。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。