吉良の赤馬牧場のブログ
愛知県西尾市鳥羽町にある”吉良の赤馬牧場”、木曽馬3頭の小さな牧場です。
プロフィール

赤馬牧場

Author:赤馬牧場
”吉良の赤馬牧場”のオーナーとスタッフによるブログ。

牧場には木曽馬が3頭、小さな馬場、モンゴルの移動式住居のゲルがあります。

小さなお子様から大人まで楽しめる牧場です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.01.25_20:51
1月25日は、馬たちが来て3年目になります。

早いもので、もう2年が過ぎてしまいました。



今日は定休日でしたが、3年目を記念してヘイキューブ、ニンジンとリンゴで特性のケーキを作り、

馬と私の3頭と1人でお祝いをしました。



特性ケーキ

これが特製ケーキです。見えませんがスポンジはヘイキューブです。




お祝いの前

たけちゃん「 写真は良いから早く食べたい?よ。 」



食いしん坊の春

はるちゃん「 もう、辛抱できない?よ。 」

食いしん坊のはるちゃんは、いつもなら届かないはずなのに、

首を長くし、顔まで長くして?、ニンジンをゲットしてしまいました。


リンゴは、いつも皮と芯だけですが、

今日だけは、1つのリンゴを4つ切りにしました。3頭だから1つ余ってしまう。

1つは私がもらうことにして、3頭と1人で仲良く1つのリンゴを食べました。



ヘイキューブとニンジンは、すべて愛する3頭に食べてもらいました。



スポンサーサイト

2011.01.20_21:59
いつも遊びに来ていたレイちゃんが大雪の後

姿を見せません。

どうしたのか、心配です。

レイちゃんはいつも1羽だけで、朝と夕方馬の周りや、

私から1mぐらいのところにきて、お尻を振り振り小さな虫でも捕っているようでした。


なぜ、1羽がいつもレイちゃんとわかるかと言いますと

昨年の11月はじめに、尾のない鳥がお尻を振り振り歩く姿が、

とてもユーモラスでした。

尾が少しずつ伸びだし、普通の尾の長さになるのに1ヶ月半ほどかかりました。

1ヶ月半の間は、はっきりレイちゃんだと識別出来ました。

遊びに来る鳥は1羽だけで、レイちゃんで間違いないですが、

大雪のあと、ここ3日間姿を見せません。

大雪でどうにかなってしまったのではないかと心配です。


近くで写真が撮れたら、ブログに載せようと思ったのに、

来なくなったことを書くなんて残念です。

でも、明日の朝、長いシッポを振り振り遊びに来てくれることを祈っています。


レイちゃんとは、キセキレイのことです。

雄か雌かもわかりませんが、雌に間違いないと思います。

お尻の振り方と言いますか、尾の振り方からそう思うのです。

キセキレイ 3

1月9日の写真です。

よくわからないかも知れませんが、ミドリの輪の中です。



kisekirei.jpg


キセキレイです、ネット上からの借用です。



余談ですが、なぜ、レイちゃんと付けたかと言いますと、

孫の保育園に「れいちゃん」と言う可愛い女の子がいるらしいので・・・、

そんな単純なことです。





2011.01.17_21:03
今朝、牧場は白一色になりました。

馬が来てからこんなに積もったのは初めてです。

積雪は、11cmでした。ちなみに自宅の積雪は5cmでした。

朝ボロを拾おうと思いましたが、雪でわからないため、中止です。

馬が来てから、朝ボロ拾いをしないのは初めてです。



雪が溶けてからだと、どろどろになって大変だろうなと言う思いが的中して、

夕方のボロ拾いは大変でした。


雪解けの後は、土がフカフカでベトベトになるようです。

大雨が降ってもこんなにフカフカでベトベトにならないのですが???



F1000213_convert_20110117210149.jpg

朝6時45分頃の写真です。

中央に黒く見えるのが馬たちです。

何か嬉しそうです。




F1000218_convert_20110117210219.jpg

きくちゃんは女の子らしく、顔に雪をつけ化粧をしているようです。




F1000234_convert_20110117210254.jpg

牧場は白一色です。




雪で迷惑をしている人たちには申し訳ないですが、

雪が11cmも積もり、馬たちは本当に嬉しそうでした。

馬たちが嬉しそうだと、私まで嬉しくなってしまいます。





2011.01.16_20:55
朝方から、雪が降りました。

猛吹雪の時もありましたが、白一色までにはなりませんでした。

日曜日でしたが、雪のため牧場は休業日。

外気温は?4℃でしたが、つららは24cmほどにもなりました。

奥山高原は寒かったです。

ボロ拾いの時、手の指先は冷たさで辛抱できない痛さです。

足も冷たさで痛くなりました。

痛くなる冷たさは、もう嫌。

恥ずかしい話ですが、両足にしもやけが出来てしまい、

赤く膨れて、温かくすると痒くなり大変です。


つらら

24cmにもなった「つらら」です。




馬たちは、元気です。エサをモリモリ食べてから、

雪降る中で、ジーッとしていました。


きくちゃん

きくちゃんです。生まれ故郷の開田高原を思い出しているのでしょうか?




あのど根性百合、気になりのぞいてみました。

ど根性百合

雪の帽子をかぶり、けなげに咲き続けていました。

お盆百合が、正月百合、雪百合になって、来年も正月に咲いてほしいものです。




昨日でお年玉プレゼントを終了しました。

多くの方に、喜んでもらえたかどうかはわかりませんが・・・・。



予定したクジが昨日で終わると思っていましたが、

悪天候になり、午前1人、午後のお客さんはゼロでした。

強風の上、冷たい北風でした。

ゲルの天幕が、時々凧のように舞い上がっていました。

強風で鞍も柵から2度も落ちてしまいましたし、

ブラシも風に飛ばされて川に落ちてしまうほどでした。

北東の尾根からは、風のビュー、ビュー、ゴー、ゴー

すごい風のうなり声です。台風並みの怖さでした。


ハウスの中から出るのが嫌になるほどの強風でした。

あれほどの強風なら休業にするところですが、

最終日なので4時まで営業の看板を出しておきました。



クジを引いていただいた皆さんありがとうございました。

来年も考えたいと思いますので、よろしくお願いいたします。。





2011.01.09_22:04
3連休の中日で、暖かい日でした。

今日お年玉プレゼントの1等を1人のお子さんが引き当てました。

F1000179_convert_20110109215313.jpg

家族の写真ですが、1番左のお子さんが1等を引き当てました。


この写真を撮る前に、いたずら好きのはるちゃんに腕をかまれ、

「痛い。痛い。」と飛び回っていました。

写真ではニッコリ写っているので安心しました。

ゴメンね。



2011.01.08_21:57
お年玉プレゼントも残すところ2日間になりました。

今日は3名の方が1等を引き当てました。


おとうさん

お父さんが1等を引き当てました。



舞ちゃん

右側の親娘が、二人揃って引き当てました。

今年は良いことありそうですね。


なぜか、写真がピンぼけですみません。






2011.01.08_21:39
今朝14cmのつららが出来たり、

バケツの氷も2.2cmの厚さにもなる等今年1番の冷え込み。

牧場の最低気温 ?5℃まで下がり、奥山高原は冷え切りました。

ちなみに自宅は0℃でした。


なぜか、馬たちは元気です。

氷の浮かぶ水も、冷たさを感じないのか、

いつもと同じように美味しそうに飲んでいました。



つらら

今年最長のつららです。




今日のボロ拾いは大変でした。

手の指先は冷たくて痛くなるし、足の指先まで冷たくて痛くなり、

ボロ拾いは何度か中断しました。

ボロは、低温で凍り、ポロポロのボロはガラス玉を拾うようでした。

少し柔らかいボロは、地球とがっちり手を組んでいて

プラレーキではかき寄せ出来ません。

冬のボロ拾いは本当にやっかいものです。



昨日報告した、ど根性百合ですが、この寒さで

朝見たら、凍ってぐったり、ど根性もここまでかと思いました。

ゆり 1

力を落とし、ぐったりです。



ところが、昼に見たら元通りに戻り元気な様子です。


ゆり2

この百合、本当に根性がありそうです。



2011.01.07_21:44
ど根性大根、ど根性ネギなどが話題になったことがあります。

我が牧場に、ど根性百合が花を咲かせました。

道ばたなどで、よく見かけるタカサゴユリです。

地元では、お盆に咲くので「お盆百合」とも言います。

タカサゴユリは夏に花を咲かせますが、

牧場では真冬の今、やっと蕾が開いてきました。

今日の最低気温?4℃、6cmのつららが出来ていました。


高砂百合

草丈は30cmほどですが、けなげに咲いています。

この寒さの中で、咲き始めたのは、ほんとうに根性があるのか、突然変異なのか?



普通の花は、枯れています。

高砂百合2

手前が、昨年の夏に咲いた花柄です。

その先で、ど根性百合は咲いています。



この先、切らずに見守っていきます。




2011.01.06_21:14
夕方薄暗くなって、馬にエサをやっていると、

3頭の馬がエサを食べるのを止め、耳をそばだてていたので、

その先を見ると、松の木の上に鶴が止まっているのが見えました。

近づいてみると、鶴ではなくアオサギでした。

一瞬鶴に見えたので、正月から縁起がいいなとシャッターを押しました。

青鷺

薄暗くよく見えませんが、間違いなくアオサギでした。


鶴や、コウノトリ、トキだったらすごいけど

アオサギでも一瞬心ウキウキさせてくれたのだから感謝しなくては・・・・。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。