吉良の赤馬牧場のブログ
愛知県西尾市鳥羽町にある”吉良の赤馬牧場”、木曽馬3頭の小さな牧場です。
プロフィール

赤馬牧場

Author:赤馬牧場
”吉良の赤馬牧場”のオーナーとスタッフによるブログ。

牧場には木曽馬が3頭、小さな馬場、モンゴルの移動式住居のゲルがあります。

小さなお子様から大人まで楽しめる牧場です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


吉良の赤馬牧場協力者のたっちゃん達が災害ボランティア活動報告会を下記のとおり開催します。

活動に興味のある方、行ってみたいと思っている方、、都合のつく方は是非、聞きに行ってください。


詳しくは、みかわForest&Aqua自然塾をクリックしてください。
      



東日本大震災 災害ボランティア活動報告会 in 名古屋

3.11に発生した東日本大震災を受け、実際に被災地に行って災害ボランティア活動を行ってきた仲間たちによる
活動報告会をリレートーク形式で開催いたします。
各自はそれぞれ活動時期、期間、活動内容など異なり、同時に見たもの感じたものも異なりますが、ただひとつ、
「実際にその目で見て体で感じたことを多くの人に伝える必要がある」という共通の思いで集まりました。
報告者の殆どが拠点としていた「RQ市民災害救援センター」の特徴や、ボランティアの生活ぶりなど、新聞やTVでは伝え
られない内容も報告させていただきます。
活動に興味のある方、行きたいけどためらっている方、あるいは既にボランティア活動を体験された方はもちろん、
多くの方々のご来場をお待ちしております。

 ■日時:6月19日(日)19:00~20:30 (開場18:30~)
 ■会場:ウィルあいち(愛知県女性総合センター)
      2F セミナールーム5
   愛知県名古屋市東区上竪杉町1番地 052-962-2522
 ■参加費:無料(事前予約不要)
   但し定員54名を超えた場合、立席となります
 ■報告者:杉本達哉(発起人)
      中村知昭(スキーショップSEED代表)
      松久保正義(会社員)
      池上利也(会社員)他、数名(調整中)
 ■協力:RQ市民災害救援センター
 ■発起人URL:NPOみかわForest&Aqua自然塾


スポンサーサイト

今日から梅雨入りとか。

例年より早い梅雨入りです。

雨の合間に、牧場にヒマワリを植えました。


ヒマワリ畑の中で、馬を見ながらコーヒーでも飲んだら美味しいだろうな?


ヒマワリ畑・・・・・。 そんなに広いところではありません。

牧場の片隅に、120本ほどです。

馬はヒマワリを食べてしまいますので、柵から1.5mほど離しました。


苗
少し徒長気味の苗でした。


うまに見られる
菊ちゃんは「もっと近くに植えて。」と言っているようでした。


馬糞
馬糞もたっぷり置きました。



植え終えてから、アッ・・・・。  台風2号が沖縄に接近中だった。

台風後に植えれば良かった。後のまつりです。




ナンジャモンジャの花が咲きました。と、ブログに書き始めて、

3年続けて、同じ内容ではと思い、

今年は止めることにしました。5月18日のことです。



いま、ナンジャモンジャのブログを書いています。


なん 1
今年の満開の5月18日に写した写真です。

奥山高原では、満開が世間より少し遅いようです。



なん 2
落花した花びらです。5月23日の写真です。


ここで、すごい発見がありました。


ナンジャモンジャの花が落ちるところを見たことがありますか?


な、なんと、花びらがクルクル回って落ちるではないですか。

馬の世話を忘れ、20分ほど見とれてしまいました。

すべてではないですが、8割方クルクル回って落ちてきます。

昨年も一昨年も気がつきませんでした。



カエデの仲間では、タネに羽根のようなものがついてクルクル回りながら、

風にのり遠くへ運ぶと言うことを、テレビの映像で見たことがありますが、

それと同じです。

タネはついていませんが、細い4枚の白い花びらでクルクル回りながら落ちてきます。

すごい発見をしたような嬉しい気持ちになりました。

(そんなことは、みんな知っているよ。と言う声が聞こえてきそうですが、

私にとっては、初めての発見です。)



今月、ナンジャモンジャの木が1本から2本になりました。

大府にある玲子ガーデンファームから鉢植えを頂きました。

来年は、ナンジャモンジャの2本立てです。

来年の開花がとても楽しみです。


と言うようなことで、今年も大好きなナンジャモンジャの記事を書きました。





5月4日(水)の赤馬まつり開催中のなか日に、

赤馬牧場に4頭目の馬が来ました。


4頭目の馬が来たと言いますと、

赤馬牧場に馬が1頭増えたように勘違いされそうですが・・・・・。


それも、暗くなった19時30分頃に来て1時間ほどで

馬運車から降ろされることもなく、帰ってしまいました。


突然の馬の訪問に嬉しくなりました。


この馬は、和種とポニーのMIXのサクラ嬢です。

岐阜県の美濃太郎さんの所有馬です。


なぜ、我が牧場に寄ってくれたかと言いますと、

話は長くなりますが・・・・・・、以前美濃さんが牧場を訪ねてくれました。


とにかく、すごいんです。

今の時代、馬と一緒に岐阜県から東海道を上り、帰りは甲州街道、木曾街道を通る周遊を計画。

昨年はサクラ嬢と一緒に琵琶湖一周の経験もして見えます。


この連休を使い、岐阜県から静岡県まで、馬と二人旅をされました。

直前に馬運車を静岡県まで運び、馬と一緒に岐阜県から野宿をしながらの旅です。

静岡県でサクラ嬢を馬運車に乗せ、岐阜県に帰られる途中に

赤馬牧場に寄ってくれました。


とにかく、美濃さんは桁外れにすごい人ですが、サクラ嬢もすごいです。

私にとっては、本当に羨ましい限りです。残念ながら真似は出来ません。


詳細は美濃さんのブログを見てください。


白馬のおじいをクリックして見てください。

東海道二人旅を何回かに分けて報告して見えます。




2011.05.17_11:34
16日から5月3日、4日、5日の3日間開催した赤馬まつりの

生中継の様子がインターネットラジオで聞けます。



赤馬ラジオをクリックして聞いてください。


地球上何処にいても、聞けるなんてちょっと不思議な気もします。


赤馬ラジオ
としたまアフタヌーンのみなさんありがとうございました。





2011.05.15_20:20
今日は賑わいました。

幡豆町商工会青年部の方々が、牧場でBBQを楽しんでみえました。

家族で総勢40名ほどでした。

BBQ 2
白いテント持参です。馬にも乗っていただきました。



午後2時から(社)西尾幡豆青年会議所未来創造委員会主催の

「僕らの夢工房~みんなで描く夢とまち~」小学生約100名が

マイクロバス4台で来てくれました。

馬の夜目の話をし実際に触ってもらったり、ブラッシングやエサやりをしてくれました。


ゆめ3
身を乗り出して、馬を見ていました


ゆめ 2
順番にエサやりの体験です。


みんなテンションが高かったです。

今日の体験を通して、馬を好きになってくれたら嬉しいです。



一般のお客さんも見え、今日1日で150名近い人が牧場に来てくれました。




東日本大震災から2ヶ月が過ぎました。

復興も少しずつ進んでいるようですが、まだまだこれからだと思います。

被災した方々に、少しでもお役に立てればと言うことで、

赤馬牧場として、募金活動を3月13日から始め、

第2回赤馬まつりを東日本大震災チャリティーイベントとして実施しました。


赤馬まつり全収益金31,269円を義援金としました。


今までの東日本大震災義援金等は

1 平成23年3月16日 義援金 金30,000円
  (中日新聞3月25日付け東日本大震災義援金掲載欄のとおりです。)

2 平成23年3月25日 義援金 金35,701円
  (中日新聞3月27日付け東日本大震災義援金掲載欄のとおりです。)

3 平成23年4月18日 義援金 金17,177円
  (中日新聞4月19日付け東日本大震災義援金掲載欄のとおりです。)

4 平成23年5月8日  支援金 金5,000円
  (東日本大震災ボランティア活動資金支援)

5 平成23年5月12日 義援金 金39,377円
  (募金活動+赤馬まつり東日本大震災チャリティーイベント全収益金)



総額で金127,255円協力することが出来ました。

義援金は、すべて中日新聞社会事業団に送金させていただきました。


これも、赤馬まつりの参加していただいた方、募金に協力いただいた方、

エサをやっていただいた方(エサ代の全額を募金)、

スタッフの方など多くの方の善意でとても嬉しく思います。

募金
ありがとうね。


募金活動は、11日で終了させていただきましたが、

これからも、被災者の方々に何が出来るのか考えていきたいと思います。



募金箱2
このような募金箱を作ることがないように願っています。



東日本大震災の被災者の方々には、1日も早い復興を望んでいます。


善意の気持ちを寄せていただいた多くの方々、

本当にありがとうございました。

 

2011.05.11_22:10
昨日、今日と雨です、明日も雨のようです。

雨の日は何となく嬉しくなります。

朝も気持ち遅く起き、エサやりとボロ拾いをすると、

後はノンビリとしてしまいます。



4日前の7日は初夏のような天気でした。

夏
空もすっきり、白い雲、新緑の森と初夏を連想してしまいます。

手前の黒い岩のようなものは、キクちゃんのお尻です。


樹の花も、キモクレンは満開、ナンジャモンジャの花は開花間近です。

お客さんから「何の花?」とよく聞かれる樹の花があります。


花 2
7日の写真ですが、この白い花です。ハイノキの仲間の「クロバイ」の花です。

図鑑には「九州地方では、枝を切って馬のエサにする。」と記述があります。

枝を折って馬に与えると、よく食べます。落ち葉も1枚残らず拾い食べます。


花落ち
10日の夕方の写真です。花が散り始めて、木の下は真っ白になります。



花落ち 2
まるで、雪が降ったようになります。


周辺の山々には数本あるだけの木のようです。


一時は馬場に覆い被さってきていたので、切ってしまおうかと思った樹ですが、

白いきれいな花が咲き、本数も少ない樹のようなので切らなくてよかったです。




2011.05.07_20:53
5月5日午後5時無事に赤馬まつりを終えることが出来ました。

3日間事故もなく終えれたことを嬉しく思います。


ご来場いただいたお客さん、スッタフのみなさんのおかげです。

本当にありがとうございました。



3日間で約300名の方々にご来場いただきました。

オクタゴン
オープン1日前に完成したオクタゴンの前で記念写真


馬乗る人
可愛らしく手をふる子


1紙鉄砲
盛況であった紙鉄砲づくり


お抹茶
西尾市合併記念抹茶 旧幡豆町の抹茶茶碗で西尾市の抹茶、茶菓子は旧吉良町の赤馬もなか



赤馬牧場で、乗馬していただくためには1日100名ぐらいが限度のようです。


3日間3頭の馬は、本当に良く働いてくれました。

馬も疲れたと思いますが、私は疲れました。そしてスタッフの方々も疲れただろうと思います。



ご来場頂いたお客さん。

赤馬まつりに御協力いただいた玄楼窯さん、松鶴園さん、東角園さん、佐合木材さん。

ライブのミュージシャンの方々。

スタッフのみなさん。


本当にありがとうございました。


感謝、感謝です。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。