FC2ブログ
吉良の赤馬牧場のブログ
愛知県西尾市鳥羽町にある”吉良の赤馬牧場”、木曽馬3頭の小さな牧場です。
プロフィール

赤馬牧場

Author:赤馬牧場
”吉良の赤馬牧場”のオーナーとスタッフによるブログ。

牧場には木曽馬が3頭、小さな馬場、モンゴルの移動式住居のゲルがあります。

小さなお子様から大人まで楽しめる牧場です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

2011.06.29_22:22
6月だと言うのに、この暑さは何なんでしょうか。

今日の牧場は、最高気温37℃でした。

この暑さで乗馬は休止でしたが、お客さんもありませんでした。


私は例年になく、あせもで参っております。


しかし、牧場の植物の花は、何事もなかったように咲いています。


露草
梅雨時の花、ツユクサです。


アガパンサス 2
アガパンサスの花、今日はじめて最初の花が咲きました。


ニガウリ 2
緑のカーテン用のニガウリです。まだ雄花ばかりです。


千両
正月の花、千両です。あと数日で開花です。


夏目
葉は虫に食われていますが、ナツメの小さな花です。


フェンネル
フェンネルの花です。時々葉をもんで香りを楽しんでいます。


ネムノキ
ネムノキです。早く大きくなって欲しい木です。


クチナシ 2
クチナシの花です。


ぎぼし
ギボウシの花です。他にも4種類ほど咲き始めています。


イワダレソウ
グランドカバーのイワダレソウの花です。小さな花ですが可愛らしいです。

馬の大好物で伸びては食べられますが、少しずつ面積を拡げています。


アジサイ
この時期の花アジサイのです。他にもカシワバアジサイ等数種類の花が咲いています。


ナナカマド
ナナカマドの花です。樹全体ではだいぶ開花盛りを過ぎています。


なんのき?
この木なんの木・・・・名前はわかりませんが多く咲いています。


花々は健気に咲いています。

この暑さに負けるものかと言っているようです。



スポンサーサイト

2011.06.25_21:22
今日は35℃、めちゃくちゃ暑い日でした。

6月でこんなに暑くては、先が思いやられます。

昨年は軽い熱中症になってしまいました。

今年は注意していきたいですが、炎天下ではクラクラと来ました。



乗馬の後、昨日に続いて馬たちの水洗いをしました。


水洗い前の馬の体温は、熱源に触れるような熱さですが、

水洗い後はだいぶ体温は下がるのがハッキリわかります。

馬たちは本当に気持ちよく涼しそうです。


今日はいつも来てくれる麻衣ちゃんが手伝ってくれました。

服はびしょ濡れになってしまい、お母さんすみませんでした。

水洗い
菊姫の水洗いです。



水切り
菊姫の水切りも一生懸命やってくれました。


麻衣ちゃん、ありがとう。

お馬さんたちも、きっと喜んでくれたと思います。





2011.06.24_22:46
今日も暑い日となり、牧場の温度計は34℃まで上がりました。



朝のトレーニングの後、水洗いをしてやりました。

とても持ち良さそうでした。


3頭の馬たちは艶も良く元気そのものです。

3枚の写真は午後3時頃の写真です。



岳
岳桜です。昨年暮れから、ダイエットしています。だいぶスマートになってきました。



キク
菊姫です。発情が確認できず、人工受精は断念しました。



春
春嶽です。春ちゃんと言うことで、良くメスに間違えられます。



午後3時、30℃を切っていなかったので

エサ場に扇風機を出しました。

工場用のマキタ製の産業扇です。

風圧はすごく強く、強では産業扇が風圧で倒れそうでした。

弱でも強いくらいです。


扇
馬たちは涼しそうです。

夕方のエサ時は30℃を切っていましたが、今日は試運転です。

これからは、夕方のエサ時に30℃以上の時は産業扇スイッチON、

気温が30℃切っていても無風状態で蒸し暑い日も産業扇はスイッチONにしようと思います。





2011.06.23_22:36
昨夜信じられないことが起きました。

午後11時30分頃、牧場に着き入り口のバー(足場パイプ)を開けようとしたら、

バー注意のために置いてある工事用のコーン(本当の名前を知らない)に、

ホタルが1匹留まっていました。

ここ2~3日見ていなかったので、今年最後のホタルかもと思い、

携帯カメラのシャッターを押しました。

すぐ飛び立ち、次に留まったところがビックリ。

私の右手親指の爪付近です。

自然のホタルが人の身体に留まるとは、

携帯カメラのシャッターを押しました。

その後飛び立ち、3mぐらい高さの木の葉に留まりました。


保存前の映像には、コーンも親指の爪も映っていたのに、

ああ~~大事な証拠写真が・・・・・。

コーン
コーンの上に留まっているゲンジボタルのひかり。


親指
私の右手親指の爪付近に留まったホタルのひかり。


何かを訴えに来たのだろうか?

それとも今年最後のお別れか?




2011.06.22_23:19
今日は夏至です。

昼中の長さより、暑さが気になった1日でした。

牧場の最高気温は32℃、何もしなくても汗が出てきました。

馬たちも大変のようでした。

一番汗かきは春嶽です。

朝の調教レッスンから、汗のかきっぱなしです。

二番目は岳桜、なぜか菊姫は汗はかいているものの春嶽に比べたら雲泥の差です。



春嶽
春嶽は、夕方のエサ時でも、胸から首にかけて、顔までも汗をかいています。

可哀想なくらいです。

今日は水洗いをしてやれませんでした。

ゴメン。





2011.06.16_21:23
カメが産卵に今年も来ました。

午前7時頃、馬場内でボロ拾いをしていると、

カメが産卵の真っ最中に出会いました。


恥ずかしそうにこちらを見ている気がしたので、

そっーと、その場を離れました。

カメ
産卵中のカメ。


30分後ぐらいにその後どうなったか見に行くと、もう土を被せてカメはいませんでした。



夕方だいぶ離れたところでカメを見つけました。

朝のカメかどうかわかりません。

カメ2
なにか、急いでいるように歩いていきました。


クサカメかイシカメか、区別がつきません。




2011.06.15_21:25
今年もアブの季節が来ました。

今日、アカウシアブの初飛来、初捕殺です。

昨年よりも10日早く、一昨年より41日も早いです。


アカウシアブは、馬の背中だけに止まるため、

ハエたたきで捕殺することは、人から見れば非常に楽ですが、

馬はアブが大きいだけに、嫌がります。

他のアブは、顔や腹、又下、陰部などに止まり捕殺はやっかいです。


アブ
上がアカウシアブです。下がミドリアブ(本当の名前は不明?)です。

今年初めての捕殺アカウシアブは、少し早いためか小さめです。

真夏になれば体長3cmほどになります。



最近のブログは、ボロのこと、キノコのこと、アブのことばかりで、

馬はどうなっているのかと言う声が聞こえてきそうですが、

馬3頭は元気です。えさもモリモリ食べています。

馬のことを書いていないのは、元気な証拠です。




2011.06.15_21:00
牧場の近くで、ササユリの花が咲いていました。

もう何年も、近くでは花を見かけませんでした。

見かけなくなってから、10年近くなるかも知れません。

盗掘か、環境の変化(笹や雑草などの過繁茂)による自然消滅かと思っていました。

掘り取らず種が出来たら、種だけ頂いてきて牧場内に播こうと思っています。

ササユリは少なくなった貴重なユリで、各地で保護活動が行われています。



ササユリ
久しぶりの地元産のササユリです。

まだ、健在であったと事が嬉しいです。




馬糞を施した圃場をみると、まだまだ違ったキノコがあります。

その2を書くことになったのは、

このキノコを発見したからです。



きのこ252
マッチ棒の先端の小さなキノコです。

馬糞の中で賢明に育っていました。

よく見ないとわからないぐらいです。

このキノコを見つけてから、馬の管理そっちのけでキノコを探したら、

まだまだ、ありました。



以下写真の通りです。素人ですから同じものがあるかも知れません。

きのこ255

きのこ257

きのこ260

きのこ261

きのこ263

きのこ264

きのこ284

きのこ285

馬糞って、本当に面白いですね。

馬糞ばかり見ていて、自分でも何やっているのかなと思うときがあります。



ちゃんと馬の管理はしていますので、3頭の馬は元気です。

自分たちの馬糞は時々食べるのに、馬糞で育ったキノコを与えても見向きもしません。








2011.06.13_22:48
吉良の赤馬牧場の看板娘を紹介します。

スタッフの聖子さんです。

たばこ屋の看板娘とは、少しニュアンスが違います。



看板娘
看板を作成中の聖子さんです。

我が牧場の看板娘は、看板書きの娘です。



牧場の看板類はすべて聖子さん作です。