吉良の赤馬牧場のブログ
愛知県西尾市鳥羽町にある”吉良の赤馬牧場”、木曽馬3頭の小さな牧場です。
プロフィール

赤馬牧場

Author:赤馬牧場
”吉良の赤馬牧場”のオーナーとスタッフによるブログ。

牧場には木曽馬が3頭、小さな馬場、モンゴルの移動式住居のゲルがあります。

小さなお子様から大人まで楽しめる牧場です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.01.30_23:26
戦火の馬( War Horse マイケル・モーパーゴ著)を読みました。

もちろん訳書ですが。


痛いほど馬の気持ちがわかる本です。

私にとっては衝撃的な本です。


岳桜、菊姫、春嶽の気持ちが、わかっていない。

馬の気持ちがわからない、情けない馬主のようです。

そう思わざるを得ない内容です。


馬の気持ちがわかれば、わかったで大変なことになるな~~。



この3月には、スティーヴン・スピルバーク監督による映画が公開予定です。

見逃さないようにしたいと思っています。





スポンサーサイト

2012.01.27_23:42
くるみ会の通所者の方が馬に乗りに来てくれました。



1月7日の様子をブログでお知らせしたときに、名前が間違っていました。

「たかよしくん」を「たかとしくん」と、間違えてしまいました。

たかよしくん ゴメンね。


今日のたかよしくんです。

たかよし1
自称携帯カメラマン、歩きながらの写真は上手く撮れませんでした。又、ゴメンね。



今日は今年初めて、えりこさんが来てくれました。

えりこ
えりこさんは慣れたもので、馬に乗ってすぐ「うれしい。」、

降りるときに「春ちゃんありがとう。」と言って、嬉しそうでこちらまで嬉しくなりした。



他に、大山君、としくん、ひとみさん、しおりさん、青山さんたちも馬に乗ってくれました。


これからも、楽しく乗ってくださいね。




1000日記念日の今日ビックリすることがありました。

菊姫の額に三日月模様が現れました。


菊
良いことがある前兆かと思いきや、

痛々しい傷跡です。

毛と薄皮がめくれていました。出血はありません。

もう少しひどければ、大変なことになっていたかも知れません。

傷跡は、足場パイプの端で額をぶっつけたような感じです。

足場パイプは使っていますが、額を傷つけるようなところにはないし、

足場パイプの円周よりも大きいような感じです。

原因はわかりません。

菊姫にとっては大変な1000日記念日になってしまいましたが、

今日1日元気でいてくれことが何よりです。




2012.01.24_21:01
今日は1000日記念日です。


何の記念日かと言えば、吉良の赤馬牧場オープン日から

今日が1000日目です。

もう1000日かという感じです。


振り返れば、あたふたしていた1000日でもありました。

今もそうですが。



ちなみに、木曽馬が牧場に来てから1094日目です。

木曽馬に乗ってから5756日目です。

北海道で馬に初めて乗ってから16977日目になります。



「馬はいいな。馬を飼いたいな~。」と思うようになってから、16977日目と言うことにもなります。

飼いたいな~と思っただけで、まさか、本当に飼ってしまっているとは・・・・・。



日数計算は、カウントダウン帳の逆利用です。




1000日記念日の馬たちです。
3等
今日は休業日です。

朝エサを食べ終えると、のんびりと日向ぼっこをしているようでした。





牧場周辺には5~6数匹の野良犬がいます。

牧場にも来て、馬に10mぐらいまで近づいて「ワンッ」と

大声で吠えて、逃げ去ります。


牧場の下の中池の排水溝に、

昨日から子犬が落ち、でられないでいました。



その排水溝は、大人が落ちても1人では這い上がれないような

危険な排水溝です。

子供たちがよく魚釣りに来ているので、注意しないといけなしところです。




そこに、牧場にも来た子犬が落ちていて「ワン、ワン」助けを求めているようでした。

スタッフの裕子さんから、救出要請があり、

ハシゴを作り、助けることにしました。



71.jpg
脚立に板を付け、滑り止めの横棒を取り付けて、完成です。



72.jpg
道路から3mぐらい下の、排水溝の一番上に設置しました。



73.jpg
近くまで来るのですが、中々上がってきません。

右上の黒いところは、水面です。




昼頃に設置したのですが午後4時の時点では、

子犬はまだ排水溝の中でした。


午後5時半頃牧場から自宅に帰るときに、

中池の近くに来たら、白い子犬が振り返るように車の前を走り去っていきました。


排水溝に落ちていた子犬かどうか、同じような子犬が2匹ぐらいいるためわかりませんが、

落ちていた犬なら、何かお礼を言ってくれているような気がしました。



念のため車を止めて、懐中電灯で排水溝を確認しましたが子犬はいませんでした。

よかった。

これで安心して寝られます(私が・・、子犬もかな)。




2012.01.17_21:54
今日、愛知県中央家畜保健所に馬の伝染性貧血の検査をお願いいたしました。


でんぴんけんさ

菊姫はおとなしく採血に応じてくれました。

サラブレットなどは、暴れて大変だそうです。



菊姫を長野県に移動させるために必要な検査です。





なお、一昨年宮崎県で発生した口蹄疫に端を発し、

家畜伝染病予防法の飼養衛生管理基準が昨年10月に大きく見直され、

馬編の基準も作成され、それに伴って毎年4月15日までに知事宛に定期報告書も

提出しなければならなくなりました。

hyousi.jpg
16ページにわたって、色々書かれています。

衛生管理区域を設定したり、やらなくてはならないことが多くあります。




2012.01.13_22:19
今日も寒い1日でした。


牧場の片隅に、タンポポの花が咲いていました。

この寒いのにタンポポも大変だなと思い、近寄ってみると

セイヨウタンポポではなさそうです。



牧場にはセイヨウタンポポしかないと思っていたのですが・・・。

セイヨウタンポポの総苞外片が外側に反り返っていない。

寒さで反り返っていないだけかな?



た 1
こんな感じで咲いています。



ta 2
ひっとしたら、カントウタンポポか、はたまたトウカイタンポポか。

在来種のタンポポだったら、うれしい。

すでに交雑してしまっているかも・・?



どなたか、わかる人がいたら教えてください。



馬はタンポポが大好きです。ここも馬に草刈りをさせているところなので、

馬に食べられないように管理しよう。




2012.01.12_22:11
今日1通の封筒が届きました。



先日来ていただいた、ありなちゃんとせいれんくんからでした。



てがみ


レターには、ラミネートもしてあります。

3頭の馬は折り紙で作ってあります。

きくちゃんの目がとても可愛いです。

すぐ、飾ることが出来るようにヒモまで付けていただきました。




嬉しいですね。・・・・本当にありがとう。



明日の朝、牧場の受付の写真コーナーに展示させていただきます。

牧場に来られたら、是非見てください。




2012.01.10_23:43
初詣に行ってきました。

東観音寺と豊川稲荷です。



東観音寺は豊橋市小松原町にある馬頭観音です。

県内外から馬に係わる人が、お詣りに訪れるというところですが、

私は今年が初めてです。


祭礼の時は賑やかでしょうが、今日は私たち2人だけでした。



本堂
東観音寺の本堂です。


観音様
金銅馬頭観音御正体・・・国指定重要文化財(昭和34年6月27日指定)

円板形の光背に金銅制半肉彫の馬頭漢音坐像を浮き立たさせたもので、

文永8年(1271年)に鎌倉時代の有力御家人・安達泰盛によって寄進されたものです。




馬の健康と乗馬していただく人の安全を祈願しました。



馬25
本堂の中には奉納された多くの大きい絵馬が飾られています。


馬20
これは、岡崎伝馬と読み取れます。


馬26
風景画もあります。


境内には、畜魂碑、鳥獣慰霊塔、うずら供養の碑など、動物の慰霊碑が多く建っていました。





2番目に訪れたのは、豊川稲荷です。

豊川稲荷
豊川稲荷で商売繁盛をお願いしてきました。



念願だった東観音寺と豊川稲荷に行けて、素晴らしい1日になりました。




4人で来てくれた西尾市寺津町のはると君が1等を引いてくれました。

harutokun.jpg
はると君は春嶽に乗ってくれました。

始めは緊張していましたが、最後は大きな声でなみあし(常歩)と言えるようになりました。

家族4人が引き馬に乗ってくれました。




今日でお年玉プレゼントは終わりです。

寒い中、年明けから多くの方に来ていただきました。

ありがとうございました。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。