吉良の赤馬牧場のブログ
愛知県西尾市鳥羽町にある”吉良の赤馬牧場”、木曽馬3頭の小さな牧場です。
プロフィール

赤馬牧場

Author:赤馬牧場
”吉良の赤馬牧場”のオーナーとスタッフによるブログ。

牧場には木曽馬が3頭、小さな馬場、モンゴルの移動式住居のゲルがあります。

小さなお子様から大人まで楽しめる牧場です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014.04.30_23:50
気がつけば、4月30日ブログも2週間近くご無沙汰。

言い訳です。4月20日までは横着でズルでした。


21日(月、定休日)は雨の中、信州のとある山中を歩き回り、カッパは着ていたものの、汗でビッショリ。

着替えもなく、帰りの車中は暖房にしてもらったものの、友人の運転手はあついと言い窓をあけ、

こちらは乗せてもらっているから我慢ガマン、寒かった。



結果翌朝は医者に、馬のエサは身内に頼みベットの中。

23日も医者に行き点滴、その後ベットの中。

2日間も寝込んでしまう大風邪を。

体力が落ちてきたのか、情けない。




赤馬まつりの準備をしなくてはいけないし、焦ってしまう。

幸い昨日の祝日も今日も雨、ゆっくりできたものの、まだ本調子ではない。


今日の午後3時から小雨の中、馬たちに赤馬まつりの会場になる場所の草刈りをやってもらう。




F1000125_convert_20140430234452.jpg
ああ~~~。馬たちは元気でいいな~~。


おおっ、いけない。あと10分で5月1日だ。

早く寝ないと・・・・・・・。



スポンサーサイト

2014.04.15_22:36
牧場には、今まで見たことがないような虫がいます。


馬具置き場に、茶色い大きな蛾がいました。

メンガタスズメかなと思いましたが、少し違うようです。

よく見ると、虎か豹の顔のように見えます。


F1000103_convert_20140415221847.jpg
よく見ると虎紋や豹紋があり、目は生き生きしている様に見えます。

蛾の頭は、虎や豹の鼻のようにも見えます。

ヒゲまでついています。





ネットで調べたら、

イボタガ科のイボガタとわかりました。



科名と名前が紛らわしいです。

イボタガ科のイボタガではありません。

イボガタ科のイボガタでもありません。

う~~ん。まぎらわしい。



2014.04.11_23:20
牧場の駐車場の草も、暖かさと雨でだいぶ伸びてきました。

半年ぶりに馬たちの出番です。



馬たちは、いやな顔もせず、本当に嬉しそうに草刈りをしてくれました。




F1000092_convert_20140411230328.jpg
のんびりと草刈りをしています。



F1000095_convert_20140411230230.jpg
腰を下ろしている私の目の前に春嶽が来たときに、偶然お腹の下に岳桜と菊姫が見えました。

あわててパチリ。



F1000100_convert_20140411230207.jpg
3頭の中では一番食いしん坊の春嶽です。



駐車場の草刈りはまだ何回も、馬たちに協力してもらうことになりそうです。



2014.04.10_22:18
今年も開催します。

いろいろ楽しいことを考えています。


今年は入場者全員参加のじゃんけんぽん大会を計画しています。

勝ち抜いた人には、「赤馬(赤い美味いもの)」をプレゼントします。

午前11時30分と午後2時の2回実施します。

2回参加することもできます。

1日8名の強運をつかんでください。


襍、鬥ャ縺セ縺、繧翫メ繝ゥ繧キ陦ィ2014_convert_20140411220403


赤馬まつりチラシ裏2014





2014.04.08_22:35
久しぶりのブログになりますが、馬もスタッフも私も元気に過ごしていました。


牧場周辺の山桜はすでに開花は終わってしまった木、今が満開の木、まだ蕾の木もあります。

山桜は次から次へ、開花期間が長いのが魅力です。



ハウス北側の山桜は満開です。

少し風が吹くと花吹雪です。
F1000073_convert_20140408214402.jpg
白い点々が花びらです。



この景色を見ながら朝食を取らない手はないと、急遽朝食テーブルを移動。




F1000072_convert_20140408214435.jpg
この椅子に座って、朝食です。


少しの間、花を見ながらの朝食でした。




風向きが変わり、朝食テーブルにも花びらが落ちてくるようになりました。



納豆の中に2枚、味噌汁の中に1枚、テーブルの上に3枚。

自然の恵みを取り除かないことにしました。




山桜の花びら入りの納豆を食べてみました。

「山桜の香りがした。」と言いたいですが、いつもの納豆の香りと味でした。

山桜の新鮮な花びら入りの納豆を食べた人も少ないと思います。



風が吹くたびに1人で「わー すごい。すごい。」声を上げていました。(誰もいないから大丈夫だ。)




花びらは落ちても落ちても、山桜は満開のままでした。

今日の朝食は山桜から幸せをいただきながら食べました。

ごちそうさん。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。