FC2ブログ
吉良の赤馬牧場のブログ
愛知県西尾市鳥羽町にある”吉良の赤馬牧場”、木曽馬3頭の小さな牧場です。
プロフィール

赤馬牧場

Author:赤馬牧場
”吉良の赤馬牧場”のオーナーとスタッフによるブログ。

牧場には木曽馬が3頭、小さな馬場、モンゴルの移動式住居のゲルがあります。

小さなお子様から大人まで楽しめる牧場です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

2014.05.30_22:24
カラスとウサギ・・・

何の関係もありません。

たまたま今日写した写真が、カラスとウサギと言うことだけです。





カラスが飛び立つ瞬間が撮れました。

F1000237_convert_20140530205018.jpg
カラスは写真の中央です。

午後2時過ぎ、ゲルの中からの写真です。

実は歩き回るカラスを捕ろうとシャッターを押したのですが、

携帯電話のカメラは時間差があるため、

偶然飛び立つところが撮れたと言うことです。




午後4時過ぎ馬にエサをやり始めて、馬場を見るとウサギが見えました。

F1000239_convert_20140530204956.jpg
写真の中央です。よく見るとウサギらしきものが見えます。



もう少し近づいて撮ろうとしたら、人の気配を感じたのか、

ものすごい勢いで林の中に逃げ込んでいきました。

ビックリするほどの速さです。

この辺には、野良犬やイタチがいます。

あれだけの速さなら、大丈夫という安心感と逃げられて残念、

・・・・・・複雑な気持ちでした。



スポンサーサイト

2014.05.29_21:27
今日は外気温が27℃まで上がり暑くなってきました。


涼しくなるように、春嶽と菊姫のたてがみを切りました。




F1000209_convert_20140529210314.jpg
春嶽の散髪前です。




F1000234_convert_20140529210717.jpg
散髪後です。




F1000214_convert_20140529210343.jpg
菊姫の散髪前です。




F1000236_convert_20140529210243.jpg
散髪後です。



2頭とも、少し短く切りすぎたかな?

違う馬のようになってしまいました。


岳桜は切る必要がなく、そのままです。




F1000220_convert_20140529210518.jpg
散髪中は、春嶽も菊姫も素直にしていました。




F1000232_convert_20140529210553.jpg
散髪後にたてがみを集めるとごらんの通りです。

バケツ1杯にもなりました。




これでこの夏を乗り切ってもらうことにします。




吉良の赤馬牧場にタブノキ下レストランがオープンしました。


レストランと言っても、スタッフ専用のレストランです。

スッタフ以外はご利用できません。

ただし、弁当持参の方はご利用いただけます。



ここ数年、時たま昼になるとビール1本持参して、

つまみはスッタフのおかずを食べていたお客さんもいました。

でも、そのお客さん昨年の秋なくなられました。(ご冥福を祈ります。)


F1000208_convert_20140529210417.jpg
写真はスタッフのコーネンさんと裕子さんです。




最近の暑さで、ハウスの中での昼食は大変でした。

オープンしたレストランは自然のクーラー付きで快適です。

時々上から、タンパク質(毛虫など)や、

ヤマモモの青い実も落ちてきます。

でも、涼しさの方が何倍も魅力的です。





菊姫の挑戦にたじたじです。



F1000197_convert_20140524205900.jpg
5月22日の朝、竹を手前に引き寄せて、その間に入り菊姫だけが脱柵。

杭に縛らなかった、こちらのミス。




F1000200_convert_20140524205938.jpg
5月23日、横竹を杭に縛り付けたのですが、首で竹をずらし、

竹は縛ったロープから抜けてしまい、菊姫は脱柵。




F1000201_convert_20140524210003.jpg
5月23日の夕方

悩んだ末、足場パイプの高さを低くすることにしました。

足場パイプ受けの金具の上のネジを外し、1回転させ固定させました。

足場パイプの高さは、8cmほど下がりました。

あまり、低くなった感じでしたので、竹をパイプの上に固定させ、

もう、これで大丈夫。





F1000203_convert_20140524210045.jpg
5月24日の朝

上段の竹だけ外してありましたが、脱柵はしていませんでした。



他の2カ所も受け金具を半回転させて、低くしました。



もうこれで大丈夫と思い、今日は3カ所とも横竹をなくして、

様子を見ることにしました。

あまり低くなったので、跳躍力のある春嶽が飛び越えないか心配ですが・・・。

ああ~~、何回大丈夫と思ったことやら??。




F1000207_convert_20140524205830.jpg
菊姫だけ、無口は付けたままにして脱柵したときに備えています。



菊姫の学習力というか、知恵はたいしたものです。

脱柵すると言うことで、エサが少なくひもじい思いをさせていると思われがちですが、

エサは十分に与えています。


脱柵して草をむさぼり食っているかというと、そうではなく、

毎回知恵比べに勝ったような誇らしげな顔でこちらを見ています。

何か、こちらが遊ばれている感じです。




2014.05.20_22:15
珍しいお客さんと言っても、人ではありません。

鳥です。

ジョウビタキです。

人なつこい鳥で、1mほどまで近づいてくることもあります。

馬たちとも友達のようです。



ビニルハウスの中で朝食を食べていると、ジョウビタキが入ってきました。

3日前は1羽、昨日は2羽、今日は1羽です。

3日間同じ鳥かどうかはわかりません。

6年間の内で、こんなこと初めてです。


今日は写真を撮ることができました。

F1000178_convert_20140518212424.jpg
中央がジョウビタキです。


10分ほどハウスの中を飛び回って、遊んでいるようでした。

その後は、大自然の中へ飛び立って行きました。

「また、遊びにおいで・・・」



ここ1ヶ月ほど時々、朝方柵は壊されていないのに菊姫だけが馬場に出て草を食べています。

岳桜と春嶽は、菊姫をうらやましそうに眺めているだけです。



はじめは不思議でたまりませんでした。

飼育場と馬場は、足場パイプの普通の48φ1本で区切っているだけです。

高さは1mほどです。

5年ほど、それで十分でした。




菊姫が何かの拍子に、足場パイプの下に首を突っ込み、首と肩で持ち上げると

小柄な菊姫は通り抜けることができてしまいました。

その時、足場パイプは少しづつ山形に曲がっていき、ますます出やすくなり、

それに味を占めて、3カ所ある足場パイプのバーを次々山形に曲げては

馬場に出るようになってしまいました。




F1000180_convert_20140518212509.jpg
これだけの曲がりで、曲がりを逆にすると15cmほどの差が出ます。




出ないように、パイプの下に竹を入れ、2本対策をとりましたが、

パイプと竹との幅が狭いと竹のしなりを利用して、菊姫の勝ちです。

菊姫の学習効果は驚異的です。



パイプの山形になったものを直線に直そうと、平らなコンクリートの上で

ハンマー、かけやを使って直そうにも直りません。

新品の足場パイプを買うのも、菊姫に負けたようで悔しいので、

何とか直そうとしましたが、よい方法が見つかりません。




F1000183_convert_20140518212636.jpg
甥御が2トンジャッキーを持っていることに気づき、ジャッキーで足場パイプを直すことに、

これがうまくいきました。

あれほど曲がっていた足場パイプも、ほぼ真っ直ぐになりました。





F1000190_convert_20140518212803.jpg
今日は3カ所とも真っ直ぐにしたパイプとその下に間隔を開け竹で補強しました。

明日からが楽しみです。菊姫と私の知恵比べです。





勝利は私に輝くと確信しています。

もし、負けるようなことがあれば、挑戦状況をブログに書きます。

ブログにこの手の内容がなければ、うまくいったと思ってください。




2014.05.13_22:48
朝、菊姫の背中を見てビックリ。


岳桜と春嶽には、斑点はありません。


一瞬病気かと思いました。

よく見ると、犯人はカラスです。

それにしても、右も左も同じように足跡をつけてくれたものです。



F1000155_convert_20140513212826.jpg
カラスの芸術作品。



あまり、ビックリさせないでくれよな。




2014.05.11_22:07
今日は日曜日なのに、都合により臨時休業。


午後4時、馬たちは駐車場の草刈りです。

自販機の前に座っていたら、日頃の疲労感が残っており、

草の上に横になったら、「楽ちん、楽ちん」。

やんちゃな春嶽が興味津々に近づいてくるのではないですか。

踏まれては大変、体勢を立て直せずにいたら、手前で止まり草を食べ始めてくれ、ホッ。


F1000159_convert_20140513212902.jpg
近づいてくる春嶽。




F1000164_convert_20140513213220.jpg
手前で草を食べ始めてくれました。


緑豊かな駐車場のように見えますが、実際は・・・。



F1000168_convert_20140513213041.jpg
車がよく通るところはハゲハゲです。



大の字になって、馬を見られることは幸せなことですね。



2014.05.09_21:26

ギャーオ、ギャーオ、ギャーオ ものすごい鳴き声です。


鳴き声の主はカラスです。

普段のカァー、カァーと言うなまやさしい声ではありません。


大声で大議論をしている感じです。

5~10分、何を話しているのでしょうか?


「ここの尾根に12mの風車が8基もたつのだぞ。」

「我々はどうなるのだ?」

「大反対をしよう。」などと

大議論をしているようにも思えます。

ここ10日ほどの間に、3から4回大議論をしています。


牧場周辺にはカラスはいますが、これほど多くのカラスがどこから集まってくるのか不思議です。

その数、2~300羽以上、数は数えきれません。


F1000169_convert_20140513212803.jpg
一斉に飛び立ったときの写真です。

全体を写すことができません。写真に映っているカラスの3倍以上です。



異様な光景です。

不吉なことが起きなければよいですが・・・・・。



こんな騒ぎの中、馬たちは平然としていました。




2014.05.05_23:45
5月3日、4日は晴天に恵まれ2日間182名の入場券購入者がありました。

3歳以下は無料ですので、実際は200名以上の方に来ていただいたと思います。

今日5日は、生憎の雨で赤馬まつりは中止しました。



3日と4日の報告です。


F1000127_convert_20140505231210.jpg
朝のスタッフミィーティング、赤馬まつりのスタートです。




DSC_0021_convert_20140505230509.jpg
乗馬も順番待ちの状態です。

3日は引き馬担当スッタフが休憩を取れないほどでした。



DSC_0072_convert_20140505230628.jpg
安全にゆっくりと乗ってもらいました。




F1000138_convert_20140505230212.jpg
今年初めて行う「じゃんけんぽん大会」です。

入場者全員参加です。

「最初がグウ、じゃんけんアカウマ」



F1000140_convert_20140505230315.jpg
3日の午前の部の、勝者の席に座った方々です。

商品は「あかうま」です。赤い美味いものイチゴとミニトマトでした。




竹工作は昨年より多く、講師の先生方は昼飯も食べられないほどでした。


ホットサンド作りは、人気で美味しい、美味しかったの声をいただきました。


赤馬亭のランチも、3日は完売でした。





4日は、3日に来ていただいた人から、楽しかったと聞き、来場していただい家族もありました。


赤馬まつりに来ていただいた皆さん本当にありがとうございました。





F1000149_convert_20140505233949.jpg
3日だと思うのですが、新品の帽子が忘れられていました。

保管していますので、ご連絡ください。






今日5日は、朝6時起床、馬のエサをやり、急遽自宅に戻り天気予報を確認して、

7時に今日の赤馬まつりの中止を決定しました。

スタッフに連絡を取り、牧場に帰り雨の降る前にテントなどの撤収にかかりました。

6名で2時間ほどかかり、片付け終わる頃から雨がパラパラしてきました。



午前中に、6組ほどのお客さんが来ていただき申し訳なく思いました。



天気だけはどうすることもできない、もどかしさを感じた午前でした。