吉良の赤馬牧場のブログ
愛知県西尾市鳥羽町にある”吉良の赤馬牧場”、木曽馬3頭の小さな牧場です。
プロフィール

赤馬牧場

Author:赤馬牧場
”吉良の赤馬牧場”のオーナーとスタッフによるブログ。

牧場には木曽馬が3頭、小さな馬場、モンゴルの移動式住居のゲルがあります。

小さなお子様から大人まで楽しめる牧場です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.05.25_22:53
昨日は、アカシジミとはいうものの、オレンジ色の鮮やかなシジミ。




今日は、ナンジャモンジャの木から、背がゴールド横腹は空色の大物イモムシが落ちてきました。

10cmほどの大きさがありました。

どのような蛾の幼虫かわかりません。



モスラの幼虫??



F1000235_convert_20150525223237.jpg
新幹線のドクターイエローを思い出させる感じです。

イモムシ界のドクターイエローかも。




色鮮やかな生き物を見ることは楽しいことです。




スポンサーサイト

2015.05.24_22:25
朝の9時過ぎに、飼料庫のトタンにオレンジ色のきれいな蝶がぶら下がっていました。




F1000227_convert_20150524220410.jpg
一瞬左上が頭かと思い、騙されそうになり、

よく見ると右上が頭と胴体でした。




蝶の名前を調べると、「アカシジミ」とありました。

オレンジシジミの方がぴったりしそうなシジミでした。

写真で見るより、鮮やかなオレンジ色です。




まだまだ、初めて見る生物が、牧場にはいるんだなあ~~~。

何でもないことですが、嬉しくなってしまいました。





2015.05.21_21:25
今日の2つの出来事


① 昼、2m程離れたところから、春嶽の唇に白い点が気になり、近づいてみるとマダニです。

F1000226_convert_20150521204153.jpg
写真中央の粒のようなもの。



F1000225_convert_20150521204130.jpg
近づいてると、間違いなくマダニです。


早速、駆除剤をスプレーしようとしても嫌がって、命中できません。

綿棒に液を湿らして、マダニにつけました。

夕方までには、離れ落ちておらず、

昼の時より、ぺっしゃんこになっていました。


以前、馬の耳や首にマダニがつくことはありましたが、

ここ2~3年は気がつきませんでした。





② タブノキの下で、昼の休憩をしていたら、帽子の上にドサッとものが落ちてきました。

大きな芋虫か、小さなヘビが丸まって落ちてきたかなと思いました。

動かないので、帽子を脱ごうとしたら、パッと飛んで3mほど前の

牧柵に止まりました。

野鳥です。それも今までに見たことがない野鳥です。

大きさはツバメぐらいで、色は頭、胴体、尾は真っ黒(青光りがしているようでした。)で、

尾の付け根当たりが白く、尾は長くスマートな野鳥でした。


自宅に帰り、ネットで調べてみたのですが、それらしき野鳥は見あたりませんでした。


それにしても、野鳥が休んでいる人の帽子に止まるなんて初めての出来事でした。


嬉しいような、野鳥が何かを訴えたかったのか複雑な心境になりました。

野鳥は2~3分私の前にいて、元気に林の中へ飛んでいきました。



一瞬なことで写真は撮れませんでした。

もう一度来てくれないかな~~。




2015.05.10_21:37
朝、カッコウの声で目が覚めました。


ゲルで寝るようになって、7年カッコウの声を聞くのは初めてです。

いつもは目覚めてから、10~15分ほど起きられないのですが、

今日はカッコウの声が聞こえたので、嬉しくてすぐ起きることができました。


7時少し前から、「カッコウ、カッコウ、カッコウ」と7時半頃まで4~5回鳴いていました。




3~4年前、西尾市家武ではカッコウが鳴いていると聞いたことがあります。

牧場でも聞こえないかと期待していましたが、

今日その期待に応えてくれました。



何となく、奥山高原の牧場らしくなってきました。

カッコウが鳴く牧場って、なんだか嬉しくなってきました。



カッコウ1
ネットから借用したカッコウの写真です。




2015.05.08_21:26
引き馬をしていると、岳桜の様子がいつもと違います。

止まってしまったり、膝を上げるような仕草をします。


とっさに、アブだと思いました。

岳桜の腹の下を飛んでいます。

そのアブは例年一番最初にでるシロアブです。

大きさはハエぐらいで、正式な名前はわかりませんが、

スッタフの間ではシロアブとか、少しミドリかかっているのでミドリアブと呼んでいます。




F1000240_convert_20150521221307.jpg
昨年写したシロアブです。



今年最初のアブを捕殺することはできませんでした。





ああ~~~。

うっとし~いアブの季節の到来です。





第6回赤馬まつりは、今年も無事に終えることができました。

3日と5日は開催できましたが、4日は雨で中止しました。


2日間で197名の入場者がありました。

3日は、ランチやホットサンドが売り切れの状態になり、ご迷惑をお掛けいたしました。



今年は開催前から多くの問い合わせがありました。

「 前売り券はあるのか? 」  「 予約が必要か? 」 

「 5歳の子でも馬に乗れるのか? 」 等々です。




F1000180_convert_20150508203721.jpg
オープン前のミーティングです。

「お客さんが怪我をしないように、楽しんでもらえるようにお願いいたします。」




F1000187_convert_20150508203813.jpg
引き馬では多くの方に乗っていただきました。




F1000186_convert_20150508203753.jpg
「なみあし」お腹ポンで出発です。




F1000189_convert_20150508203904.jpg
ホットサンドの準備です。




F1000205_convert_20150508204100.jpg
ホットサンドスッタフは大忙しです。




F1000193_convert_20150508203938.jpg
青空市です。

イチゴ、ミニトマト、キュウリ、和菓子などは毎日完売でした。




F1000198_convert_20150508204012.jpg
大型紙芝居の始まりです。




F1000197_convert_20150508204037 - コピー
みんな真剣に見入っています。




F1000209_convert_20150508204129.jpg
5月4日は雨で中止。

誰もいない、雨降りの会場も中々よいものです。




F1000211_convert_20150508204201.jpg
衆議院議員の徳重先生も駆けつけてくださいました。

ありがとうございました。




赤馬ランチ、竹工作、自作機での綿菓子作り、缶風車作りなど楽しんでいただきました。



お客さんの中に、吉良の殿様と関わりのある赤穂市在住の

米村さんも遠くから来ていただきました。



帰り際に「楽しかったよ。ありがとう。」「また来ます。」

「これで赤馬まつり3回目です。」と声をかけてくださった方や、

翌日「孫が喜んで帰っていきました。」と電話をしていただいた方もみえました。

このようなことは、赤馬まつりをやって本当に良かったと思う瞬間です。




無事に終えられたのも、スッタフの皆さんの協力や、

青空市への出品協力があったからです。

そして、来場いただいた多くのみなさんのお蔭です。

本当にありがとうございました。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。