吉良の赤馬牧場のブログ
愛知県西尾市鳥羽町にある”吉良の赤馬牧場”、木曽馬3頭の小さな牧場です。
プロフィール

赤馬牧場

Author:赤馬牧場
”吉良の赤馬牧場”のオーナーとスタッフによるブログ。

牧場には木曽馬が3頭、小さな馬場、モンゴルの移動式住居のゲルがあります。

小さなお子様から大人まで楽しめる牧場です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.02.22_21:06
2月11日のブログで、「素人にも使いやすく、鳥の名前がわかる

図鑑があれば教えてください。」とお願いしましたら、3名の方からアドバイスを頂きました。


岐阜県の美濃さんからは「知らない鳥の素性を調べるには写真よりも

「絵」の描かれているものの方が、特徴を捉えていて役に立つと思います。」

          ありがとうございました。写真だと光りの具合で特徴が

         よくわからないものもありますよね。

         オスとメスでも違いますよね。



埼玉県の肥後さんからは、日本野鳥連盟の住所と電話番号を教えていただきました。

          日本野鳥連盟に電話を入れました。色々アドバイスを頂きました。

         素人が野鳥の名前を知りたいなら、その地域で開催されている

         野鳥観察会などに参加するのが一番よいとのことでした。

         図鑑も色々教えていただきました。

         中には、野鳥の写真に触れることにより、声が聞こえる図鑑

         もあるようです。



刈谷市の杉本さんは、「ポケット図鑑 野鳥 」を牧場まで持参していただきました。

          今借りています。

         その図鑑で、その後わかった鳥は、トラツグミとコジュケイだけです。
   
         頭に白い線がある。飛んでいくと尾羽根に白い模様があるなど、

         特徴を捉えて図鑑で探しても見あたりません。

         野鳥はジッーとしていてくれません。すぐ飛んで小さくなってしまいます。

         双眼鏡も欲しくなります。あまりのめり込むのは止めよう。

         のめり込むのは馬だけで十分だと、双眼鏡も望遠鏡も

         買わないことにしました。



トラツグミ
トラツグミです。写真はネットから借用



コジュケイ
コジュケイです。写真はネットから借用



しかし、図鑑は2冊買うことにしました。

「イラスト 新 山野の鳥 」「見る読むわかる野鳥図鑑 」

ネットで注文しましたので、もうじき届くはずです。

この2冊で物足りないなら、その次は、「フィールドガイド 日本の野鳥 」を買おうと思います。


みなさん、ありがとうございました。



スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://akaumabokujyou.blog63.fc2.com/tb.php/278-4434ab89
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
きれいな写真ですね。どちらの鳥も鳴き声に特徴があって、耳で楽しむ機会の方が多いかもしれませんね。鳥でも虫でも花でもどんどんのめりこんではいかがですか?
突然おじゃましてからそろそろ一年になりますね。またお目にかかりたいです。
美濃太郎 | 2011.02.23 20:32 | edit
美濃太郎さんコメントありがとうございます。
来ていただいてから、もう1年も経つのですか、月日の経つのは早いですね。
色々なものにのめり込むと馬が疎かになるのがこわい気がします。
私は美濃さんの愛馬に会いたいです。
赤馬オーナー | 2011.02.24 20:28 | edit
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。