吉良の赤馬牧場のブログ
愛知県西尾市鳥羽町にある”吉良の赤馬牧場”、木曽馬3頭の小さな牧場です。
プロフィール

赤馬牧場

Author:赤馬牧場
”吉良の赤馬牧場”のオーナーとスタッフによるブログ。

牧場には木曽馬が3頭、小さな馬場、モンゴルの移動式住居のゲルがあります。

小さなお子様から大人まで楽しめる牧場です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

--.--.--_--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.03.03_22:04
昨夜は23時20分牧場に到着。

エサ場に電気をつけ馬を確認、みんな元気にいる安心してゲルへ。

読みかけの本を読み始め、0時30分過ぎに。

パジャマに着替えていたら、ガシャと聞き慣れない音がする。

そのまま布団に潜り込むと、ゲルの外でムシャムシャ音がする。

馬だ。

慌てて、パジャマの上にジャンバーを着て外に出る。

LEDのヘッドライトでは暗すぎるが、馬が大根を食べている。

とっさに春嶽と思いこんでしまう。

ここには、軽トラ一杯分のニンジンの葉と、ジャンボ大根が1トンほど在るところだ。

食べ過ぎたら、どうなる事やら・・・。

とにかく無口をつけなくてはと思い、春嶽の無口を取りに行く。

他の2頭は、出たいのに出られそうもないので、成り行きを見ている様子。


春嶽は素直に無口を付けさせてくれたが、その後興奮したのか走りだし、

こちらも蹴られては大変と、頼りないライトを頼りに、馬場のバーを開け、

春嶽を馬場に追い込む作戦に出る。

深夜一人で悪戦苦闘をする。

暗闇の中から、馬が興奮して突進してくる時の、怖さは表現のしようがない。

やっとの事で、馬場に追い込むことができた。

馬場に追い込めばこちらの勝利だ。



エサ場に戻り、飼槽にフスマを入れ、呼べば帰ってくると思い、

呼んだらすごい勢いでエサ場に帰ってきた。

その後、3頭で素直にフスマを食べている。


あれ、菊姫が春嶽の無口を付けている。

今まで春嶽とばかり思っていたのは菊姫だったのか。

ああ~~、春嶽を悪者にしていたのか。



脱柵したのは菊姫。

番線が少しゆるんで足場パイプが外れていたところからだ。

応急処置をしてゲルに。時計は午前1時15分、冷え切った体で布団に入る。

あいにく、今日は暖かそうだと思い湯たんぽを準備していなかった夜に、

こんな事になるなんてついていないな~~。


今朝は、深夜何事もなかったように3頭とも素直に朝エサを食べている。

深夜付けた無口はそのままだったので、菊姫が春嶽の無口を付けてエサを食べている。

F1000011_convert_20150303215637.jpg
憎めない馬たちである。



スポンサーサイト


この記事へのトラックバックURL
http://akaumabokujyou.blog63.fc2.com/tb.php/843-1904cd2d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-MAIL
URL

password
管理者にだけ表示を許可

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。